MENU

歯石取りは口臭を防ぐために不可欠?

歯石

 

歯石は口臭と深いつながりがあります。
そのため歯石取りを行うことは口臭対策には欠かせないことです。

 

歯石の正体は蓄積した歯垢が
石のように固まってしまい、それが歯にこびりついたもの!

 

そして、歯垢は自分が食べた食べかす、
そして、口腔内に潜む様々な細菌の集合体のようなものです。

 

自分の歯垢の臭いを嗅いでみれば
すぐにわかりますが、はっきりいって歯垢は
大抵の人が悪臭を放っています。

 

そんな口臭の元になる歯垢が歯石という形になって
たくさんの歯にこびりついてしまっていたら・・・・

 

それは当然口臭につながるわけなので
付いてしまった歯石取りを行うことは口臭を防ぐ上では重要ポイントなのです。

 

ただ、歯石取りは自力ではなかなか
できず、歯医者さん等で削って除去してしまうしかありません。

 

そして、しっかり歯磨きをしっかりしていても
多少は歯石は時間とともに溜まってきてしまうので
定期的な歯石取りを歯医者さんでやってもらうのが良いでしょう。

 

歯石取りの頻度を少しでも減らして口臭予防に!?

ただ、歯石はできてしまうものだから
仕方ないと思っていると歯石はあっという間に歯に蓄積されてしまいます。

 

ですので普段から歯石が付くこと自体を
予防することも大事です。

 

基本は歯磨きを徹底して、歯垢を
歯に残さないことですが、それだけでは歯間には多少残ってしまいます。

 

歯間に対してはデンタルフロス等を使うと良いでしょう。

 

また、舌の汚れもしっかり除去しておかないと
その汚れが歯垢になる場合もあるので、舌磨きも大事です。

 

ただ、上記を丁寧にやっていると思った以上に時間を要します。
それを避けたい方は液体ハミガキや洗口液等を使うことで歯石の形成を予防するのも手です。

 

 

上述の方法はいずれもそのまま口臭対策にも
つながること等でやっておいて損はないところだと思いますので
ぜひ取り入れてみてくださいね^^

 

このページの先頭へ