MENU

ナタデウォッシュで起こりうる怖い副作用とは?!

ナタデウォッシュ

 

目に見える効果が話題となっているナタデウォッシュですが、
毎日使っていくとなると何か副作用的なものは
ないのかというのは気になるところです。

 

ちなみにナタデウォッシュは
’’医薬部外品’’として販売されている洗口液です。

 

医薬部外品ということは副作用の可能性はある
考えてもらって間違いありません。

 

医薬部外品というのは化粧品と医薬品の
中間くらいをイメージされるとわかりやすいかと思います。

 

医薬品ほどの強い効果はないものの、
その分、副作用などが弱く、安全性の
高いものと覚えておいてもらえればと思います。

 

より具体的なことをいうと、ナタデウォッシュ中に
含まれる効能、効果を示す特定の’’有効成分’’
が副作用の犯人になり得るということです。

 

ナタデウォッシュの場合は、
一応この有効成分が1つだけ含まれています

 

それがグリチルリチン酸ジカリウムと呼ばれる成分。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用という
効能を秘めた成分で、よくニキビケアに役立つと
いうことで、ニキビクリームにも含まれていたりします。

 

ナタデウォッシュの場合は歯周炎、歯肉炎といった
口腔内の炎症を抑えるのにはたらいているものです。

 

そういった口腔内の炎症が結局のところ、
口臭等のお口トラブルにつながってしまうので
そういったところに効果を発揮してくれているんですね!

 

このグリチルリチン酸ジカリウムは、
体内に取り入れる場合、服用量が1日の一定量を越えてしまうと、
偽アルドステロン症という副作用の症状が起きる可能性があります。

 

ただし、この一定量も相当な過剰量を飲み込んだ場合といった限定的なところです。

 

洗口液なので、基本的に大量に飲み込むことは
ないとはいえ、多少は体の中にも入ってしまうので、
もし何か少しでも異常が見られた場合は、すぐに使用を中止した方がいいでしょう。

 

また、ナタデウォッシュの場合は口臭にも効きそうな
なたまめ、茶エキスのような天然成分が含まれていますが、
それらは有効成分ではないので、効果効能がはっきり認められているものではありません。

 

あくまで湿潤剤(保湿目的のもの)としての
扱いで薬事的にはナタデウォッシュに含まれているようです。

 

効果が認められていないということは
逆にいうと副作用等の可能性は低いということですね!

ただし、食品由来の成分だとアレルギー等の可能性は0ではありませんので、その点はご注意を!

 

ナタデウォッシュの副作用まとめ

まとめると、副作用があるとすればグリチルリチン酸ジカリウム!

 

ただし、ナタデウォッシュを水みたいにゴクゴク飲まなければ(笑)
副作用につながる可能性は低いでしょう^^

 

 

このページの先頭へ